おすすめ書籍

当研究会は,根治療の基本理念に通ずる良い本を紹介しております.どの本もその分野の専門スタッフが厳選したものです.


理学療法士が書いた臨床解剖学書」を目にしたことがあるでしょうか?

一般的な解剖学書で習う知識は人体のよくある一例に過ぎず、解剖学書を見ただけではなかなか臨床に生かせないこともあります。本書は、理学療法士であり解剖学の知識がとても豊富な工藤慎太郎先生が編集・執筆を手掛けたものです。先生が臨床的な視点で解剖学を見つめ直し、臨床でよく遭遇する運動器疾患をケーススタディ形式で取り上げ、頻度の高い症候や障害を解剖学的に考察し、運動療法の対象となる組織の詳細な構造や機能、変異などについて綺麗なイラストなどを用いて分かりやすく解説されています。運動器疾患を担当していなくても、セラピストであれば必携の1冊です。


 

 

運動の真理を追究するBiNI COMPLEX JAPAN。
初の書籍。
基礎的学問を統合し自己組織的運動生成・運動学習を提唱した「統合的運動生成概念」を、臨床への汎化アイデアをくすぐる形で編集されています。


 

 

一線で活躍する臨床家による、動作分析の指南書。
 机上の動作分析手法ではなく、臨床実践にこだわった内容となっています。また後半は、各動作毎の記述を生体力学・神経科学の見地からされ、さらにコアスタビリティー・足部・筋の遊び・筋活動バランス・動作に影響をあたえるエッセンス などがまとめられています。
 



著者はSpine Dynamics療法の提唱者 脇元幸一先生と福島大学教授 白石豊先生です。
アマチュアからプロ、一流選手たちをサポートしているエキスパートによる、心と体の不調に対する治療法を紹介しています。
身体的ストレス(疲労や疼痛など)と心のストレス(感情など)は、自律神経系を介して相互に影響し合います。
これらに対して、スポーツ選手に限らず、人が生きていく上で心身ともに健康を保ち、上手に生きるにはどうすれば良いのか、という問いに対する答えを実践的プログラムも含めてまとめてあります。
Spine Dynamics療法のベースとなる考え方も一部紹介されていますので、興味のある方は是非!


もはや説明はいらないでしょうが,著者はPT界のカリスマ「石井慎一郎先生」です.

種々の医療職種の中でバイオメカニクスを理解しているのはリハビリ職種だけです.PTは特にバイオメカニクスの専門家です.患者様の病態説明の際にリハビリテーション職種として優位性を発揮する一つの手段です.

この書籍では普遍的なバイオメカニクスを用いて,初学者にも分かり易く解説してあります.知識を整理したり,学生の実習指導にも役立つ書籍です.

 

以下メジカルビュー社 内容紹介より引用

患者の動作遂行能力を調べる「動作分析」。臨床の場で欠かせない重要な評価法であるが,「どこを見るか」「どのように解釈するか」「どのように治療プログラム立案につなげるか」といった点が難しく,修得するのは容易ではない。
本書は基本動作である「寝返り」「起き上がり」「起立・着座」「歩行」を掲載。写真やイラストを豊富に用いて動作メカニズムを詳細に解説するとともに,分析で得られた情報をもとに動作障害の要因を探る臨床推論についても記載している。