【講義内容】

・上肢の発生学:上肢と下肢の違いについて
・肩関節:実技を通じて、肩関節の理解を深める。      
・肩甲帯:深部外旋六筋の構造と位置関係、個体差について。         
・腕神経叢:分枝の理解と各筋への分布。どの部位で絞扼症状が起こるのか。  
・前腕の構造:前腕の構造を実技も含め、正確に理解をする。
・手の構造;なかなか分かり難い手の筋の位置関係を理解する。


日時:2017年10月1日(日) 10:00~16:00

場所:長野市内で調整中

受講料:10000→8000(9月1日まで)

 



町田志樹先生

医学博士位取得(順天堂大)甲第1578号
認定理学療法士(学校教育)
いまさら聞けない解剖学 代表
マイオチューニングアプローチ(MTA)アシスタントインストラクター
【所属】臨床福祉専門学校 理学療法科 理学療法科 専任教員
順天堂大学 解剖学・生体構造科講座 協力研究員
医進学園 明治鍼灸柔整予備校 非常勤講師(Extra pro grade)

【研究歴】
平成22年 順天堂大学 大学院医学研究科 解剖学・生体構造科学講座 研究生
平成23年 順天堂大学 大学院医学研究科 解剖学・生体構造科学講座 博士課程
(入学資格審査合格のため、修士課程免除)
平成27年 順天堂大学 大学院医学研究科 解剖学・生体構造科学講座 博士課程修了
順天堂大学 解剖学・生体構造科学講座 協力研究員

【学会発表】

・学会発表 19報(うち2報、発表予定)
・論文 9報(うち1報、掲載予定)

【著書等】

某出版社よりPT・OTの学生を対象とした解剖学書の執筆依頼(H29夏頃出版予定)
講習会講師実績、14回(アシスタント等は除く)。
平成27年6月より、POSTリハビリメディア(株式会社メディカルエージェンシー)よりメールマガジン依頼(タイトル「いまさら聞けない解剖学メルマガ」)。